Uganda Information

★☆★ ウガンダ基本情報 ★☆★

国名 ウガンダ共和国

面積 23万6,036平方キロメートル

人口 2,331万7,560人(2000年)

首都 カンパラ

公用語 スワヒリ語、英語
その他の言語 ルガンダ語、他民族語

宗教 カトリック33%,プロテスタント33%,原始宗教18%,イスラム教16%

通貨 ウガンダ・シリング(Ush)
1Ush=約0.14円(2001年7月)、補助通貨としてセント(¢)がある。1Ush=100¢

査証 必要 在日大使館にて取得可(申請時6ヶ月以上の残存期間が必要)

国番号(電話) 256

電圧・プラグ 220V〜240V(50ヘルツ)、場所によってプラグ形状は様々なので変換プラグを多めに持参する事をお勧めする

時差 日本-6時間

国土 赤道直下の内陸国。平均標高1200mの高原に位置し、南には世界第2位のビクトリア湖がある。西部国境には世界最大といわれる東アフリカの大地溝帯が走っている。南西部(ルウェンゾリ山地)および東部の国境に山岳地帯がある。湖が多く、総面積の約 15%が湖や沼沢。ウガンダは北緯4度から南緯1度、東経30度から34度の間に位置し、北はスーダン、南はタンザニア、ルワンダ、東はケニア、西はコンゴ(民)に囲まれた内陸国で、総面積は23.6万方平方キロ(日本の約3分の2)である。

気候 西部のコンゴ(民)国境にルウェンゾリ山(5,038m)、東部ケニアとの国境にエルゴン山(4,253m)を擁する一方、西部のエドワード湖、アルパート湖、中央部のキョーガ湖の周辺及びアルパート湖及びキョーガ湖から北部スーダンへ流れるナイル川水域が1,000m以下の低湿地となっているが、その他の地域が1,000mから2,500mの高原地帯となっており、気候は比較的しのぎやすい。
首都カンバラを中心として、アルパート湖、キョーガ湖、エドワード湖、ヴイクトリア湖で囲まれる地域には古代数々の王国が栄え、現在も人口の多くが同地域に集中している。キョーガ湖以北の北部地域は比較的低地及び高原の半乾燥地域が広がり、人口は少ない。
ウガンダの1年は、北部地域を除き大方乾期と雨期が交互に訪れる。
3月〜5月は大雨期、9月〜11月は少雨期、6月〜8月は比較的涼しい乾期、12月〜2月は暑い乾期で、首都カンパラの生活において暑い乾期の日中には冷房が欲しくなることもあるが、朝夕は過ごしやすく、赤道の僅かに北に位置する所とは思えないものがある。

ウガンダ・気候早見表
エンテベ(海抜1,155m)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平均気温(℃) 21.9 22.3 22.3 22.0 21.6 21.2 20.6 20.8 21.5 21.9 21.7 21.7
平均降雨量(_) 84.4 101.2 170.4 237.4 238.9 117.5 79.2 77.9 73.4 138.8 192.3 108.7
シーズン 乾期 大雨期 乾期 小雨期
カンパラ(海抜1,312m)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平均気温(℃) 22.0 22.1 22.2 21.8 21.6 21.1 20.6 20.7 21.2 21.7 21.8 21.6
平均降雨量(_) 79.0 85.1 170.6 278.4 279.1 113.5 73.4 84.2 77.1 84.3 137.1 115.4
シーズン 乾期 大雨期 乾期 小雨期
ウガンダのトップへ戻る
ケニアのトップへ戻る