オリジナルブレンド珈琲

IMG_0258_32ナイロビに出現した新しいタイプのカフェを紹介します。韓国人のイケメンがやっているConnectコーヒーは飲食、販売に留まらずコーヒーに関する講義を定期的に開いています。顧客を教育し維持しようという西海岸にありそうなコンセプトがとうとう暗黒大陸にも到達したようです。また注目すべきは産地にとらわれすぎず自分の店のオリジナルブレンドを持っていることで、一例の「ジュリエットブレンド」の特徴としてはフルーティな香り、グレープ的な酸味、が挙げられています。比率の内訳はケニアとエチオピアが50/50だそうです。今のところ買える店は渋滞が怖いウェストランドの奥の方にしかないので観光客がサファリ中に立寄るのは困難と思われます。200グラムで約1,100円ですから単価で言うとナイロビで最高価格です。