オルペジェタ自然保護区

世界遺産にも指定されているケニア山国立公園。その西側に広がる高原地方では国による保護とは一線を画す民間主導の自然保護が機能し始めている。中でも近隣で最大の町であるナンユキから15キロの距離にあるオル・ペジェタ自然保護区は宿泊施設の価格帯が幅広い点でも人気が高い。

map_swaters


本データ:

  • ナイロビから北東へ220km、舗装道路を3~4時間
  • ナンユキにはスーパーや駐留英国陸軍向けの歓楽街まである
  • 面積約330平方キロメートル
  • アミメキリン、グレービーシマウマなど北部特有の動物が生息
  • 世界に3頭しかいないキタシロサイを24時間監視中
  • ブルンジから引き取ったチンパンジーの保護施設あり
  • レストランがあり日帰りサファリが容易
  • 私営保護区ならではのナイトサファリも可能
  • ナンユキの東には名高いマウントケニアサファリクラブがある

PS座標:

  • チンパンジー施設(S 00°01.136′, E 36°54.871′)

な宿泊施設:

  1. Morani’s Restaurant(モラニレストラン)
  2. Ol Pejeta House(オルペジェタハウス)
  3. Sweetwaters Tented Camp(スイートウォターズキャンプ)
  4. Mount Kenya Safari Club(マウントケニアサファリクラブ)
  5. Bantu Mountain Lodge(バントゥーロッジ)