オーガニックランチ@ナイバシャ

週末を利用して首都から110キロ離れたオロイデンという名の塩湖に出かけてきました。乾季の真っただ中なのでしょうがないですが道中はどこを見渡しても草が枯れてホコリが舞っていました。

ところが古風なスタイルが特徴のMunduiというホテルの庭に通されると一転、緑の芝生とそこから続く湖面が目に飛び込んできました。休憩後に提供された昼食には再び驚かされました。4種類のチーズと窯焼きパン、そしてパリパリ音を立てる各種のサラダ。途中でローストビーフも追加されました。夕食前の団欒時にオーナーに聞くと自家菜園では農薬を使っていないとのこと。ネットで覆うことでサルからの食害は防げるけど小鳥はどんどん入ってくるので損耗率が高いとも言っていました。裏話を聞いたことで美味しさが増した気がしたのです。