Dive in Redsea



世界一澄んだ海に潜る
赤茶けた不毛の砂漠地帯に、突然広がるエメラルドの海。かつて海洋学者でありアクアラングの発明者クストーが世界で最も美しいと讃えた海、紅海だ。
紅海は、アラビア半島とアフリカ大陸のはざま、南北およそ2000キロ、幅300キロほどの細長い海だ。その周囲には暑く、乾燥した砂漠地帯が続いている。 その砂漠の世界と対照的に、海の中には世界最大級のサンゴの群落が広がる。そこには色鮮やかな熱帯魚が暮らし、数え切れないほどの回遊魚が集う。砂漠地帯にありながら、紅海は生命に満ちあふれているのだ。
シーズン
季節は4月〜10月が夏11月〜3月が冬と一応分ける事ができます5月〜9月は特に暑く、直射では45℃を超える陸のベストシーズンは10月〜2月、逆に紅海沿岸のベストシーズンは4月〜10月と言えるでしょう。紅海の水温は他の国のリゾート地と比べると然程高くはありませんので通年5ミリのウエットスーツが向いてます。気温が上昇する夏は水温も上がりますが気温との温度差が激しいので冷たく感じる場合もあります。冬場の海は冷たく透明度こそ最高に達しますがヨーロッパから訪れるダイバーのドライスーツを使用する姿を見かける事もしばしばです。
紅海沿岸の平均気温と平均水温(シャルムエルシェイク基準)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
気温(℃) 20 21 24 28 32 35 38 40 34 31 27 21
水温(℃) 19 20 20 21 23 25 29 29 28 25 23 19
禁止事項、その他
サンゴ保護の為下記の行為は禁止されています。紅海でダイビングをするにあたって中性浮力を維持できる事がある意味条件となります。
・グローブの着用
・着底
・生物の採取、持ち帰り
ダイビング形態
・日帰りダイビング
紅海沿岸のリゾートに滞在しながら日帰りで近場のダイビングポイントを楽しむコースで一番ポピュラーなものです。日によってはティランやラスモハメッド、ティスルゴム(沈船)等のビッグポイントへ行く場合もあります。

・ダイビングクルーズ
クルーズ船に寝泊りしながら3泊〜7泊程度のダイビングクルーズに参加する事も可能です。ビッグポイントを取り入れながら紅海の魅力あるダイビングスポットを余すことなく楽しむ事ができます。

ダイビングポイント
★ダハブ周辺★
ダハブに滞在して潜るか、シャルムエルシェイクである程度の人数を集めれば日帰りで行く事も可能です。シャルムに比べると水温は1〜2℃下がり、通年風と波があるのでボートダイブは存在せず、そのほとんどがビートダイビングになります。「ブルーホール」等の面白い地形もありますし何と言ってもこのダハブでのダイビングの醍醐味は「キャメルダイブ」でしょう。ダハブ北部の国立公園「ラス・アブ・ガルム」まで海岸沿いの道無き道をダイビング器材とタンクを積んだラクダに揺られてポイントへと向います。対岸に迫るサウジアラビアの山々とアカバ湾を渡る潮風に吹かれるシチュエーションはこの地でなければ味わえないものです。

★シャルムエルシェイク周辺★

潜るエリアは大きく分けて3つに分けることができます。最も頻繁に潜られるのはローカルポイントの「ラス・キャティ」からコンラッドホテル前の「ラス・ガミラ」までのエリア。代表的なポイントとしてはハイアット・リージェンシー近くの「ファーガーデン」「ニアガーデン」等。主に日帰りで訪れるレギュラーポイントです。

★ラス・モハメッド国立公園★
シナイ半島の先端に突き出したモハメッド岬の周辺。
北東の端
「ジャックフィッシュアレー」はケーブがあり
多くのハナダイやキンメモドキが見られます。
「イールガーデン」「シャークオブザバトリー」では豪快なウォールダイブが楽しめ運さえ良ければジンベイザメの様な大物にも会えます。
「シャークリーフ」「ヨランダリーフ」ではツバメウオの軍団
バラクーダ、ギンガメアジの大竜巻に出会うかも・・
ちなみにここでダイビングするには一日US$5の入園料が必要です。またパスポートを持参する事が義務づけられています。

★ティラン★
アカバ湾に浮かぶティラン島の北東から南西にかけて並んだ「ジャクソンリーフ」「ウッドハウスリーフ」「トマスリーフ」「ゴードンリーフ」の4つのリーフ。ティラン海峡のど真ん中にある隠れ根だけに大物や群れもばっちり、ギンガメアジ、バラクーダの群れをはじめ運さえ良ければハンマーヘッドやジンベイザメ、ウミガメにも会えるエキサイティングなスポットです。沈船もあります。

★ハルガダ周辺〜ディープサウス★
ハルガダ沖の島々の周辺から南はスーダンとの国境付近まで実に数多くのダイビングポイントが存在します。ハルガダ周辺には初心者でも安心して潜れるポイントが多いですがサファガを越えるとディープサウスの代表格「ブラザーズ」等の上級者ポイントも多くなります。ハルガダ周辺のダイビングポイントへは日帰りでダイビングで楽しめますが、このディープサウス方面へはハルガダより7泊〜のクルーズで訪れるのが一般的です。


©2015 Salongo Inc. All Rights Reserved