Guayaquil
首都を抜きエクアドル最大の港街グアヤキル。海抜0mのこの街は太平洋に注ぐグアヤス川の河口に発達した街でエクアドルの貿易業にとって極めて重要な都市です。
この港からはエクアドルの特産品であるコーヒー、カカオ、バナナ等がアメリカをはじめに日本へも輸出されています。今あなたが食べているエクアドル産のバナナもはるばるこの港からやって来たのかもしれません。

グアヤキルという名前はインカ帝国とそれに続くスペインの南米侵攻に果敢に挑んだ伝説の勇者Guayas(グアヤス)とQuill(キル)の名前に由来しています。

《グアヤキルの見所》
セミナリオ公園 (Parque Seminario)
グアヤキルの中心的公園でシモン・ボリバルの騎馬像が建っているので通称ボリバル公園とも呼ばれている。
園内にはイグアナがたくさん住んでおり、餌をあげるとたくさん寄ってきて、日本でよく見かける”ハトに餌をあげる光景”の”イグアナ版”が体験できます。
カテドラル (Catedral)
セミナリオ公園の西側に面して建つステンドグラスの美しい教会です。もともとは古い建物でしたが19世紀の終わりの火事で焼失し現在の建物は1978年に完成した新しいものです。
マレコン2000 (Malecon 2000)
今グアヤキルで一番人気のスポットがマレコン2000です。
南北に約2.5キロにも渡る海岸沿いの長い遊歩道は散歩、ショッピングにとても便利です。
古い街と最新の素材がマッチした退屈知らずのスポットです。

©2015 Salongo Inc. All Rights Reserved